求人を見るポイント

産婦人科は他の診療科に比べてメンタルケアの要素が強く特殊な診療科ですが、一般の診療科と比べて給与はどうなっているのでしょうか。産婦人科で働くナースの給与事情や求人の探し方について、詳しく見ていきましょう。

求人を見るポイント
LINEで送る

産婦人科で働くナースの給料はどれくらい?

産婦人科は女性特有の診療科で、妊娠や出産、不妊治療や婦人科系の病気を主に扱っていますが、病気の人だけでなく健康な人も受診するため他の診療科とはちょっと違っています。そのため、「一般の診療科と比べたら給料は高めなのでは?」と思う人もいるかもしれません。ですが、産婦人科が他の診療科とは違い特殊であるとはいえ、給与は一般の診療科をそれほど変わりません。数字で詳しく見てみると、産婦人科のナースの平均月収はおよそ30万円前後ですが、他の診療科のナースの平均月収も約33万円なのでそれほど大きな差はありません。

産婦人科特有の手当

ナースの給料には基本給だけでなく、夜勤手当や残業手当、休日出勤手当などがつきますが、産婦人科特有の手当が「資格手当」と「分娩手当」です。資格手当は産婦人科特有の資格に対する手当、分娩手当は分娩に携わったときにつく手当のことです。この手当は産婦人科ならばほとんどつけられていますが、中にはついていない病院もあるため一度病院側に相談してみることをおすすめします。もし、相談したにもかかわらず手当がつかないようなら、労働と給与が見合っていない、ということになるため、しっかりとそれ相応の給与を払ってくれる病院に転院することも考えておきましょう。

産婦人科の求人を探すなら

産婦人科に転職を考えた場合に注意しておきたいポイントを紹介していきます。基本的なことは求人票に書いてあるため、それを確認すればある程度の情報は得ることができます。しかし、産婦人科は他の診療科に比べて特殊なため、求人票だけでなく自分で病院に問い合わせたり内部情報に詳しい転職サイトを利用して内容を確認しておくと、より詳しい情報を入手することができます。
たとえば、分娩回数や業務内容について、これは病院の規模にも左右されますが、大体1日にお産がどれくらいあるのか、受け入れる妊婦さんの数は制限しているのか、そもそもお産は扱っているのか、などをきちんと把握しておきましょう。スキルアップを目指したいのであればお産の回数が多い病院が向いていますし、妊婦さんに寄り添って出産についてじっくり学びたいのであれば数を制限している病院が向いています。自分の目標や目的に合わせて、選ぶようにしましょう。

インターネットで求人を探すなら

産婦人科は他の診療科に比べると求人数が少ないにもかかわらず、事前にじっくりと病院の方針や雰囲気を検討しなければなりませんが、ハローワークや求人情報誌だと欲しい情報が見つからない可能性があります。より多くの情報を得たいのであれば、求人検索エンジンやナースの転職サイトを利用しましょう。短時間に複数の求人を見比べたり気になる病院をすぐに確認することができます。